すべてのカテゴリ
ボンドNdFeB磁石

ボンドNdFeB磁石



説明

ボンドNdFeB磁石は、急冷NdFeB粉末を結合して製造されます。 粉末を樹脂と混合して、エポキシを使用した圧縮成形またはナイロンを使用した感染成形によって磁石を形成します。 後者の技術は大量生産に特に効果的ですが、製品の磁気的価値は、密度が比較的低いため、圧縮成形で作られたものよりも低くなります。 寸法精度の高いさまざまな形状を、さらに加工することなく作成できます。 表面は、腐食を防ぐためにエポキシコーティングまたはニッケルメッキで処理されています

NdFeB粉末に対する添加剤の比率が異なるため、ハイブリッドNdFeB磁石の磁気特性を広範囲に調整できます。 比率が固定されると、狭いバンクで磁気特性の変動を制限できます。 ハイブリッド磁石は、顧客の指定された特性を満たします。

ボンド磁石に使用される急冷されたNdFeB粉末は、サブミクロンの粒径のマルチグレインです。 粉末は磁気特性が等方性であるため、残留磁場の平坦な増加と、印加磁場による固有の保磁力が得られます。 磁石は高磁場でのみ飽和するまで磁化できます。

ボンド磁石の利点
*高効率、安定性、再現性で生産されています。
*マグネットと他の部品は、XNUMXつのステップで一緒に形成される場合があります。
*磁化方向の自由な選択-特に多極アプリケーション向け
*高寸法精度-最小のポストプレス加工による大量のアプリケーション。
*薄壁リングと複雑な形状の磁石。
*腐食に対する高い耐性。

【仕様】

ボンドNdFeBマグネット(射出成形)
典型的な磁気特性

グレードMax. Energy Product残留磁気Coercive ForceRev. Temp. Coeff.Working Temp.密度
(BH)maxのBrHcHCIBdHdTcD
MGOekJの/ m3TキロエルステッドkAの/メートルキロエルステッドkAの/メートル%/°C %/°C ℃で グラム/ cm3
BNI-2〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002120-240〒114ー0002〒114ー0002-0.15-0.4130〒114ー0002
BNI-4〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4180〒114ー0002
BNI-6〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4150〒114ー0002
BNI-8〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4150〒114ー0002
BNI-6H〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.15-0.4180〒114ー0002

ボンドNdFeBマグネット(圧縮ボンド)
典型的な磁気特性

グレードMax. Energy Product残留磁気Coercive ForceRev. Temp.Working Temp.密度
係数
(BH)maxのBrHcHCIBdHdTwD
MGOekJの/ m3TキロエルステッドkAの/メートルキロエルステッドkAの/メートル%/°C %/°C ℃で グラム/ cm3
BNP-6〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4140〒114ー0002
BNP-8〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4140〒114ー0002
BNP-10〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4120〒114ー0002
BNP-12〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002-0.1-0.4130〒114ー0002
BNP-8H〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー0002〒114ー000212月16日〒114ー0002-0.07-0.4120〒114ー0002
連絡先